どの保険会社にも、得意分野、不得意分野の商品があります。
保険商品全てが得意です!という保険会社があったらどうなるでしょう。

「得意」ということは他社よりも優れていることを言い、お客様にとってもメリットが大きいということ。掛け金が安いというのもありますが、お客様の最大のメリットは、給付される枠が広いということです。もらえるお金の額が、他社よりも多いから優れている、得意だ、ということになります。

「不得意」というのは他社に比べて優れていない商品のことです。
掛け金が高かったり、給付される枠が、他社よりも少ない商品のことを言います。

不得意な商品があって当然なこと、分かりますか?
全部得意な商品ばかりの会社ということは、お客様にとってたくさんお金が給付される保険ばかりということ。

保険会社は、お客様にお金を支払い続けていたら、当然赤字になります。
そして、経営が難しくなってきてしまいます。

バランスが取れているということです。

「がん保険」に加入したいのに、説明をお願いした保険営業の所属する保険会社が、「がん保険」に弱い会社だったらどうしましょうか。
このケース、あり得ることです。

実は、「がん保険」に加入したかったのに、ごり押しで「介護終身保険」に加入させられた、という声が届いています。

きっと、その営業の属する会社は「がん保険」は苦手分野の商品であり、「介護終身保険」が得意分野商品なのでしょう。
でものように無理やり得意分野の商品に加入させるのはよくありません。

まず、「がん保険」を検討している人は、なぜ「がん保険」に加入したいと思ったのか、自分に聞いてみてください。
きっと、なにか不安なことがあったからだと思います。
その不安を解決してくれるのが保険であり、保険営業でなければなりません。

不安を解決できなければ、保険の見直しをしたあともずっと不安なままになってしまうからです。

例えば、がんになってしまい、働けなくなったときのことが心配である、とか、
がんになるのは物凄く不安だけど、がん保険に加入し、がんにならなければ掛け捨てになることも引っかかる、とか。

上記のような悩みであれば、「介護終身保険」も間違いではありませんよね?

「介護終身」保険であれば、がんにならずに無事に老後を迎えられれば、解約することで毎月払ったお金の一部は戻ります。
これを教えてあげるのが保険営業の仕事です。

そのために、保険営業にやってほしいのが、得意分野商品(売りたい商品)のメリットを書き出す作業です。
細かく書き出していくと、この人には案内しにくい保険だったけど、この視点からだとすごく合う商品だ、と、気づくことがあります。

繰返しになりますが、このようなことを教えてあげるのが保険営業の仕事です。

 

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年1月22日(火)14時~ おうちカフェ
個別面談付きで5000円です。

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから