セミナーを開催しよう!そう思ったとき、いったい何から準備すればいいのでしょうか・・・・

YUKA863_osusume15202708_TP_V

日時を決めて会場を予約する

まだ内容が決まっていないから会場が予約できない、ではなく、先に日時を決めて会場を予約し、その日に向けて準備をするようにします。そうでないと、なかなか内容が決まりません。また、内容が決まり、いざ会場を予約しようとしても、いい会場が空いてなかったりもします。

日時は、どんなに早くても2か月後ぐらいにします。準備の中には集客というものがあります。集客ができなければ成り立たないのが自主セミナーです。その集客に時間がかかることが多いのです。2か月後ぐらいを予定しておくと、その日はすでに予定が入っていて、という断りが少なくなります。

場所は、参加されるお客様の立場になり、どのような会場なら足を運びやすいか、行ってみたいと思うか、考えてみましょう。会議室がいいのか、役所系の公的なところがいいのか、オシャレなカフェなら行ってみたいと思うのか。私の場合、セミナーの内容により変えます。お金の話をする場合は公的なところで開催する場合が多いです。お片付け、働き方系の内容の場合は、オシャレなカフェか、個室の場合が多いです。

時間に関してですが、一般の人が集中してセミナーを聞けるのは1時間半が限界かと思います。

セミナー参加費はいくらぐらいにしていますか?

特に保険関係のセミナーのときは、無料で開催しようとしている人が多いのですが、無料は避けましょう。保険のようにバックエンドがあるセミナーの場合、本来はセミナーで稼ぐということはしません。無料は避けましょうというのは、お客様の意識を、高級感のあるセミナーを受講する、といった意識にするためです。同じ内容のセミナーを無料と5000円で開催したことがあります(保険会社さんとのコラボセミナーです)が、見事に客層が違いました。5000円だと、主婦の方は来にくいようです。5000円のセミナーの方の参加者は独身アラフォー女性ばかり。ターゲットの心理を理解することが重要です。大きな契約に繋がるのは5000円の方だったりします。

セミナーの内容はどのようにつくる?

最初に考えるのは「対象は誰で、その人たちにセミナー終了後にどうなっていてほしいか」をノートに書きだしてみます。私が新しくコンテンツをつくる際、毎回やっていることです。ここがブレていると、いったい何が言いたいセミナーだったのか分からなかった、と受講者に思われてしまいます。その「対象は誰で、その人たちにセミナー終了後にどうなってほしいのか」によって、自己紹介文も変わってきます。自己紹介文はいつも同じではないのです。セミナーごとに自己紹介の言葉が変わってくるということです。

セミナー終了後にどうなってほしいのか、の部分がバックエンドへの誘導となるのですが、やはり、どうなってほしい、がしっかり決まっていないと、とても不自然な感じでバックエンドの話をすることになり、受講者の皆さんは、いきなり営業された感を持ってしまうかもしれません。自然にバックエンドに運ぶためにも、セミナー終了後にどうなっていたいのか、を考えておくことはとても重要なのです。

集客の仕方

集客に関して、考えの甘い人が多いです。Facebookのイベントページを作れば集客できるなんて思っていませんか?イベントページで招待しただけでは、誰もポチしてくれません。私は、Facebookのメッセージで個々にコピペでないメッセージを書き、イベントページを貼りつけます。また、これをいきなりやってしまっても逆効果。日々のコツコツ発信がとても重要なのです。他、チラシを作成し、会場に置いていただいたり、「こくちーず」を使ったこともあります。

ただ、大人数の集客の必要はありません。保険の話の場合、4人で十分です。そう考えると、20人ぐらいは入れる大きな会議室ではガラ~ンとしてしまうかもしれません。

セミナーから本命商品へのつなぎ方

ここで苦労されている人は多いのではないでしょうか。多くの人の場合、このバックエンドと呼ばれる本命商品に繋げなければ、セミナーを開催する意味がなくなってしまうのです。当然、本命商品に繋ぐためにはそれなりのテクニックも必要になります。何度も書いているように、その人たちにセミナー終了後にどうなってほしいのかを意識したストーリーに話をすすめるようにします。いつの間に個別相談に足を運んでいた、そんなふうに思っていただけるようなシナリオを書きだしてみてください。

1up講座では・・・

私の本講座では、セミナーからバックエンドに繋ぐスキルのある方は、そのまますすめていただきます。この方法は、ある意味、ハンター的なやり方です。セミナー初心者や、バックエンドに繋ぐのが苦手な方には、農耕型のやり方で、自主セミナーを1年後の見込みをつくるための一つの手段として、話す内容も保険にかぎらず、お客様に自分を認知していただくことを目的に、一緒にコンテンツを作成していきます。

「なぜ、未経験だった私が、

個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに

年間2000万円超えの売上を挙げられたのか

知りたくありませんか?」

3月30日㈬は満席のため締め切りました。

4月15日㈮14時~ ミューザ川崎 残席2

4月22日㈮18時~ 中原市民館 余裕あり

参加費3000円

問合せ、お申込みは

[su_button url=”http://fp-eggplant.info/contact” style=”flat” background=”#eea2c7″ size=”6″ wide=”yes” center=”yes” radius=”3″ icon=”icon: envelope-o”]お問い合わせはこちら[/su_button]