毎日更新のブログを始めてもうすぐ8年、メルマガは週に2回発行、本も書いているのに私は文章が上手ではありません。
それでも続けることで、今ではほとんどの仕事をブログからいただけるようになりました。

尾藤克之先生の新刊3行で人を動かず文章術
を読みました。

文章は最初の3行が全て

読者の気持ちをつかむには、導入部分にフックとなる「何だこれは!」と思わせるような印象的な話題を用意しないと、次に誘導できない。

これ、分かっているつもりでなかなかできません。昨日のブログから改めて意識してみました。自分の文章に何かが足りないのはきっとこの部分です。

たまに、終わり方が不自然と感じることもあり、『結論ファースト』というのも参考になりました。
①結論 ②理由  ③エピソード  ④まとめ

『させていただく』に要注意

病院の待合室で読んでいましたが、「~させていただきます」っておかしい?「代表を務めさせていただいております」「この事業は中止とさせていただきます」「出演させていただきます」「お付き合いさせていただいております」ブツブツ声に出して読んでしまいました。確かに声に出して読むと過剰なへりくだりに聞こえます。

「先日お送りさせていただいた資料です。ご確認いただけましたでしょうか」
は、「先日、お渡しした資料をご確認いただけましたか?」ぐらいシンプルに。

「拝見させていただく」も間違い。「拝見する」は「見る」の謙譲語で「させていただく」も謙譲語なので二重敬語になってしまうと書かれています。これは、私、やらかしています。

メールは、受け取る側の気持ちを考える

177ページに、生命保険営業マンからのメールでのアポイントの例が書かれています。
相手の気持ちをいつも考える必要のある仕事ですよね。

ほんの少しの心遣いで相手の気持ちは変わってきます。
この人になら会ってもいいな、話を聴いてみよう、そう思われないと契約をいただけることはありません。

 

毎回、尾藤先生の本を読むと自分の文章が恥ずかしくなると同時に、明日からこうしてみようという勇気をもらえます。
SNSの発信を含め、読者にとって、メリットある情報を発信していきたいと思います。
まずは、最初の3行!を意識していきます。

尾藤先生は、7月22日、おとなの部活、第4回出版部の講師として来てくれます。
今から楽しみです。

 

☆新刊情報

5月12日(日)Amazonにて発売!Amazonにて予約受付スタートしました!
『私たちが保険営業を嫌うワケ』
~だから保険屋さんがイヤなんです~

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年 日時をお問合せください。
講座2時間+グループコンサル付き その日完結です。12,000円

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから