最近、「がん保険」の相談を受けたこともあり、私自身が勉強になることがありました。
今は、がんになっても入院することも少なく、そうなると少し前の入院メインの「がん保険」では、全く使えないことになります。

使えないということは、保険からお金がおりないということです。

がん保険の一時金とは

入院しなくても、がんになればお金がかかります。仕事も健康のときと同じようにはできません。
やはり、一時金のあるものをおススメしています。何にでも使えるからです。治療費だけではなく、ウイッグ代、給料の補てん、家賃や住宅ローンの補てんにもなりますよね。

でも、がんの一時金と一言で言っても、いくつかの種類があります。

がん診断一時金(診断されたら)

がんと診断されたら一時金がおります。一時金の設定は、加入のときに決めます。50万円~100万円が一般的でしょうか。
この診断一時金は、商品により、治療をしているかぎり毎年もらえるもの、2年に一度のもの、1度だけのもの、があります。

がん診断一時金(治療を開始したら)

がんで、治療を開始したら一時金がおります。先進医療など治療法により給付対象外の場合もありますが、抗がん剤、放射線など、普通の治療の場合は、ほぼおりるようです。

がん診断一時金(入院したら)

がんで、入院をしたら一時金がおります。がんになれば、数日入院して手術、そのあとに治療、という場合もあるようですが、入院をせずに、治療を始める場合も多くあります。私も3月5日にがん告知を受けてから、まだ一度も入院していません。手術のときには入院しますが、それまでにいくらかかるでしょうか。高額医療費の枠として考えても約8万円×6ヶ月=42万円。それプラスウイッグや帽子で30万円ほど。もう70万以上は使っているんですよね。

診断されたらおりるものがいいの?

このように、がん診断一時金の中にも3つ種類があります。どれが良い、悪いというより、自分で納得して加入することが大事です。確かに、診断されたらおりるタイプのものに加入していれば、治療する前の準備金にも使えます。私の場合、診断されたらおりるものと、治療を開始したらおりるものに50万円ずつ加入していました。でも治療する前の準備というのは、ウイッグを作るお金ぐらいでした。

入院したらおりるものに関しても、そこまでのお金をなんとかどこかで準備できれば、入院したときに受け取れるわけです。毎月の保険料が安ければ、そちらを選ぶというのもアリかもしれません。

治療を続けていれば毎年もらえるもの、でも2年目以降は、入院での治療が必要であること、という商品もありました。
加入する際にここまで営業に説明受けていないかもしれませんね。がんは、今、治る病気ですが、長期戦です。それも入院ではなく通院での治療がメインとなっていて、お金もかかります。このタイプの保険だと、2回目の一時金は入院していないと受け取れないということになります。

また、保険営業が自社のがん保険を表の部分しか理解していないことも多くあります。「お時間ください、調べます」の声がいくつかありました。

一見、がんと診断されたら一時金がおり、その後も治療を継続していたら一時金は毎年もらえる形が理想にも見えますが、がんになってもずっと、保険料は払うしくみになっていたりします。保険会社は、必ずリスク回避をします。そうでないと保険会社は破たんしてしまいます。

血液検査や尿検査で、がんが見つかる時代が、あと数年でやってきます。そうなると、当然がんは発見されやすくなり、2人に1人ががんの時代がやってきます。良い商品の中でどのようにリスク回避をしていくのかが保険会社の課題であり、考えられることの一つとして、「保険料の値上げ」ということも出てくるかもしれません。

目の下に黒いものができてます。
位置的にはクマではなさそう。これも副作用かな(+_+)

 

☆新刊情報

5月12日(日)Amazonにて発売!Amazonにて予約受付スタートしました!
『私たちが保険営業を嫌うワケ』
~だから保険屋さんがイヤなんです~

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年 日時をお問合せください。
講座2時間+グループコンサル付き バックエンドなし。その日完結です。12,000円

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから