一昨日、5ヶ月間にわたる辛い抗がん剤治療が終了しました。今は、蓄積されている副作用でかなりしんどいのですが、それ以上に抗がん剤から解放された喜びでいっぱいです。

前半の薬では、吐き気と発熱、そして咳。後半の薬では、口内炎から始まり、親知らずの腫れ、夜中に涙が流れて(悲しくないのに)耳に入ってしまい、中耳炎ぽくなったり。涙焼けまでできました。途中、肝臓の数値がよくない!ということで薬が増えたり、味覚障害にもなりました。様々な副作用を乗り越え、今、最強の副作用はしびれです。どうにもなりません。

指に指紋がなくなっているようで、最近、スマホのクリックもできなくなってきました。ボタンもできない。ペットボトルも開けられない。本は、ページをめくることができません。

足も厄介で、とにかく転びやすい。スニーカーしか履けません。それでも感覚がないので履きにくい。爪を切るのも怖いです。昨日は、掃除機を手に持ちながら掃除をしていたら、手がすべって足に落ちました。感覚がないので痛くないのですが、さすがにショボーンです。

冷蔵庫から出した生卵はいくつ割ったかな。

こんなことも、いつか思い出になるのでしょうか。

「今がピークであって、今より酷くなることはないから」という、看護師さんの言葉にとても励まされました。
手術が怖いと言えば、「抗がん剤治療を耐えられた人だから大丈夫」と言ってくれます。

ドクターも、「本当によく頑張ったね」と言ってくれました。

そっか、私、頑張ったんだ。初めて認められたような気がしています。もう、ウルウルです。
この病院を選んで本当に良かったです。

今日から少しずつ、一日一日体調を回復させて、体力つけて1ヶ月後の手術に挑みます。やはり怖いですけどね。本当に怖いです。手術のあとは、分子標的の治療が1年続くそうです。まだまだです・・・。

でも、このしびれが治ったらどうにかなりそう(+o+) そのくらいしんどいです。

そして、夕べは、この本の読書会に行ってきました。
抗がん剤の翌日なのによく行きました 笑

抗がん剤治療中に、副作用以外で苦しんだ、善意の呪い(抗がん剤治療以外のたくさんの民間療法のお誘い)に対して、私を納得させてくれた本です。暮らしの保健室にも顔を出してみようと思います。孤独と不安で潰れそうな今、緩和ケアされたいです。

著者の西先生とお話もできて、良かったです。

皆さん、これまで善意でいろんな民間治療法の情報を提供してくれました。それは理解できています。その上で根拠をさぐり、自身で納得した治療をしてきたつもりです。本当にありがとうございました。

 

☆新刊情報

5月12日(日)Amazonにて発売!Amazonにて予約受付スタートしました!
『私たちが保険営業を嫌うワケ』
~だから保険屋さんがイヤなんです~

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年 日時をお問合せください。
講座2時間+グループコンサル付き バックエンドなし。その日完結です。12,000円

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから