今日は、とても大事なことを書きます。
「あの治療法が効くらしいよ!病院の言いなりはどうかと思う!○○病院に名医がいるらしいから転院したほうがいい!」あなたの発しているその言葉に、きちんとした根拠はありますか?

がんの標準治療を受けない危険性

上記の記事は、参考までに読んでみてください。

 

「がん」告知を受けたときに、まずドクターから言われた言葉

「インターネットは見ないでね。嘘ばっかりだから。10年前のこともゴロゴロ載ってるから」「嘘の本もたくさん売ってるから読まないでね」

当時はポカンと聞いていたのですが、実体験でドクターの言っていた意味が分かるようになります。「がん」を公表したことで、あらゆる民間療法への勧誘を受けるようになったのです。
本当にあらゆるお誘いです。

何がいい、悪いではなく、標準治療を始めているのにどうにもなりません。そして私は、とことん納得して「標準治療」を始めました。
納得というのは、私の「がん」はどういった種類のもので、どんな特徴があり、そのためにはどんな治療が一番効果があるのか。それらを全て知る努力をしたということです。

※標準治療とは、抗がん剤や、放射線治療、手術などのことです。

民間療法で治らなかった人が標準治療に戻る?

“抗がん剤なんて苦しいだけで効かない!”と言われて治療をやめ、知人に勧められるまま民間療法を受けたが、一向に良くならずむしろ悪い状況になってしまい、元の医師に相談、抗がん剤治療を復活するも、「遅かった」(がんが、かなり進行してしまっていた)という人もいるようです。その、遅かった人が亡くなられた場合にも、“抗がん剤は効かなかった”になってしまうのでしょう。

また、標準治療を受けていても亡くなる場合が多いのが「がん」でもあります。私だって近い将来死ぬかもしれません。このように標準治療を受けて亡くなった場合に“標準治療は効かない”となってしまいます。

データでで見ると、民間療法を受けた場合の方が、「がん」での実際の死亡率が高いことが分かります。このデータこそが根拠ですよね。

根拠のないことは言わないで

どの業種の人でも言えることです。それでも保険業界の人は、とくに注意する必要があります。

「あの治療法が効くらしいよ!病院の言いなりはどうかと思う!○○病院に名医がいるらしいからそこに転院したほうがいい!」

これらの言葉を突き詰めていくと(誰が言ってたの?詳しく教えて!と聞いた時点で)しどろもどろになります。誰かが言ってたような気がする・・・・ぐらいのことがほとんどです。適当なのです。

「がん」になった人は、『藁にもすがる思い』の人も多くいます。
根拠のない無責任な言葉が、「がん」の人を苦しめることになります。もっと恐ろしいのは、治療をやめさせることで命を奪うこともあり得るということです。

困ったことは、保険会社の研修でも “抗がん剤は効かない” と、堂々と宣言しているということです。これが広まると、かなり危険なことになります。研修で学んだことも、全てを信じないで自分で根拠を調べる努力が必要なのかもしれません(おかしな話ですよね)保険会社も研修に招く講師を考える必要があります。

※最近、特に困ったことは、占い?スピリチュアル?宗教?の人からの “今のままでは本当に心配である”という予言です。
助かるために紹介したい人がいる、とか。きっと、助かるためには治療費よりも莫大なお金がかかるのでしょう。申し訳ないのですが、一度もお会いしたことのない人の言葉を信じることはできません。そして、ズトーンと突き落とされるほど、嫌な気持ちになります。

何度も書いていますが、私は、人間ドックの必要性と、正しい保険の必要性を広めたい、そして正しい保険の話ができる営業を育てたい、そんな思いで「がん」を公表しました。あらゆる勧誘を受けるためでも、自分が傷つくためでもありませんので分かってくださいね。

 

☆新刊情報

5月12日(日)Amazonにて発売!Amazonにて予約受付スタートしました!
『私たちが保険営業を嫌うワケ』
~だから保険屋さんがイヤなんです~

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年10月22日(火)
講座2時間+グループコンサル付き バックエンドなし。その日完結です。12,000円

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから