最近、タイトルのような相談がありました。

答えから言うと、入れません。
まだ、がんと診断されていない状態でも難しいです。

がんと診断されていないのになぜ?
分かりやすく書くと、
もしかしたら病気かもしれないから、そのために保険に入りたいと思っている、
と保険会社に思われてしまうからです。

再検査の結果が出て、異常が認められない場合
他の部位も健康であれば、もちろん加入できます。

そうでない場合、がんと確定されてしまったら、
残念ながら手術してから5年再発がない場合でないと
加入できないので、まずは、今自分が保険に加入しているかどうか
確認してみましょうか。

がんになってしまった場合、医療保険からでも給付されます。
付帯サービスで病院を紹介してくる場合もあります。
また、積立型の保険に加入されている場合は
解約返戻金や、貸付金を治療に使うこともできます。
この解約返戻金や貸付金を使う、という方法ですが
ご主人の保険からでも使えます。
(この場合、その保険は保障がなくなったり、減ったりします)

大事なのは、健康診断、検診の前に保険をきちんとしておく
ということです。

そういう私も、去年、乳がん検診で精密検査となったときは
不安でした。
異常を認められなかった今なら私も保険の見直しが可能なのです。

保険の見直しは、健康なときにしかできないと思ってください。
その健康かどうか、は、保険会社の診査によって決まります。

 

 

保険営業さんに伝えたいこと

この先は、保険営業さんに伝えたいことを書きます。

上記のようなことを教えてあげることが、
保険営業さんの仕事です。
皆さんにとって、当たり前のことでも
一般の方は知らないことが多くあります。

健康診断の数値が悪く、保険引受が難しい人でも
告知書を書くまでは、自分は健康!と
思い込んでいらっしゃる方もいます。
保険に加入できないなんて思っていない人もいます。

大きな病気になってしまったときの
治療費や生活費の経済的リスク、
まずは、教えてあげましょう。

会社によっては、貯蓄型の商品が主役のところも多いです。
確かに今は、若いときに亡くなる確率は低く、
老後の経済的リスクは大きいです。

でも、その分、病気のリスク、そしてその治療費のリスクは
若い人でも高いはずなんです。

いろんなご意見あるかと思うのですが
私個人的には、まずは保障が大事、とくに、
大きな病気に対応できるものは準備しておきたいと考えます。
その次に、無事に生きていたときのための老後資金も必要です。

病気になり、働けなくなったら、貯金さえできなくなる可能性が高いからです。

また、医療保険はいらない、など、
いろんな考え方があります。
どれが正しいとも言えません。
お客様が選んだ方が正しいのですが、
きっと、貯金は、病気になってしまった際に切り崩すより、
元気に老後を迎えたときに楽しむためのもの、幸せのために貯金している人が
ほとんどだと思うんです。

 

しつこい、は良くないけど、
情報を提供するのは皆さんの仕事。

もっと背中を押していれば良かった~
とならないためにも、一人でも多くの人を助けてあげてくださいね。
53160104

 

 

保険営業に、営業を教えるコンサルタントがセレクトする
保険相談の申込みは下記から
[su_button url=”http://fp-eggplant.info/contact” style=”flat” background=”#eea2c7″ size=”6″ wide=”yes” center=”yes” radius=”3″ icon=”icon: envelope-o”]お問い合わせはこちら[/su_button]

1up講座告知

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2017年2月24日㈮ 14時~16時

八重洲会場(東京八重洲地下4案出口10秒)
個別面談付きで5000円です。
お申込みは下記のお問合せからお願いします。

[su_button url=”http://fp-eggplant.info/contact” style=”flat” background=”#eea2c7″ size=”6″ wide=”yes” center=”yes” radius=”3″ icon=”icon: envelope-o”]お問い合わせはこちら[/su_button]