今日は、コンサル卒業生との面談がありました。
ぜひとも、保険を通して仕事の枠を広げていただきたいです。
そんな目的で会いました。

彼女と別れてから、話きれなかったことにも気づいたので
私なりにアドバイスをここに書いてみます。

早く、自分のやり方を見つけましょう

早く、自分のやり方を見つけましょう。
これは、本当のターゲット層を明確にする必要があります。
今、相手にしているターゲット層のほかに
意外なターゲット層があるかもしれないということです。

100人営業がいるなら100通りのやり方があります。
そのくらい自由に考えていいのです。
そして、自分が保険を扱えること、どんどんPRしましょう。
あなたの出世なんだから、みんな喜んでくれるはず。

紹介は、どうすればもらえるのか考えてみて

逆の立場になれば分かるはず。
大事な人が保険で悩んでいるとき、
どんな保険営業に紹介をしたいですか?

『信頼できる人』そして、『実績のある人』ですよね。
だから紹介を焦らなくていい!
保険営業の場合、紹介をくださいと言って、紹介をいただけるものではありません。
紹介をしてあげたからって、必ず紹介をいただけるわけでもありません。
保険営業が交流会に参加しても難しい理由もここにあります。
それと、交流会には参加するのではなく主催しましょうね。

『メリット100』は必ず実践すべし

好きな商品のメリットを100書き出すというもの。
保険は、笑顔、見てくれがいい、だけでは売れません。
商品知識は、とても大事です。
保険会社は頼れません。
パンフ、約款を読破するのは必須ですが、一番頭に入るのは、その商品のメリットを100書き出す!
自信がつき、人に教えたくなりアポイントがとれやすくなります。
意外なメリットを発見し、そのメリットへの該当者に気付くことができます。
勉強は、今夜からでもできますね。

一人で契約までできたときの達成感

もちろん今後は堂々と同席ができます。でもね・・・。
自分の20年前を振り返って思うことがあります。
一から一人でやったお客様と、今でも繋がってるんです。

20年前に、自分一人で提案して、契約をいただいたときの嬉しさ、今でも鮮明に残っているんです。
入社して1か月目のことでした。
その嬉しさが忘れられないから今の自分がいます。
ぜひ、その嬉しさを実感してほしいんです。
その嬉しさ、感動が、今後、心が折れた時の励みになるって私は分かっています。

二人でやっても契約になれば嬉しいです。
でも一人でやったときの嬉しさの半減。
収入も半減・・・・。
なんです。
不思議なんだけど、嬉しい感情が半分なんです。

ここから先は、先ほども話しました。
保険商品の説明でなく、保険の加入の仕方を教えてあげてください。
設計書もパンフも出さなくていいです。
こちらからの質問により、相手へのヒヤリングができます。
保険は、「話す力」より、「聞く力」の方が大事なのです。
初回面談はそこまでで、一度持ち帰ってください。

その先は、今後は仲間がいます。
必ず教えてくれます。
私をはじめ、保険マニアの共通点はおせっかいです。
もういいよ、ってまで教えます 笑
(だからお客様にも教えてあげたくなるんだろうね)
そこで2つの意見が出たら、そのお客様のことを一番知っているのはあなたです。
だから自分で決めていいのです。

まぁ、こんな感じです。
まとめると、知識がなくて人に話せないのなら、自分で勉強です。
こんなふうに保険は利用できるんだよ!という、
知って得することを、世の中に広めていきましょう。

 

保険営業に、営業を教えるコンサルタントがセレクトする
保険相談の申込みは下記から

お問い合わせはこちらから

1up講座告知

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2017年7月26日(水) 14時~16時  横浜会場
個別面談付きで5000円です。

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)
7月18日(火)は都合により講座はお休みです。

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから