保険の見直し事例です。
ご主人40代、妻50代、子ども高校生。
10年ぶりの見直しとなりました。

この10年の間に何度か見直しのチャンスはあったのですが、
ご主人の体況上の理由により、難しかったというのがありました。
ただ、加入している保険の形自体は、お客様に合っていたので、
私もそれほど危機を感じていませんでした。

今回、私の方からお客様へ見直しの提案のお声かけをさせていただいたのは、息子さんの教育費がピークにかかる時期にあり、最新の保険に変えることで、掛け捨て部分の節約が大幅にできることが見込めたこと。

そして、見直すことで、保障内容がが断然濃くなることが明確だったこと。

こんな理由で私の方からお声かけさせていただきました。

ご主人の体況のみが、私の課題でした。

課題と言っても、告知していただき、ダメな場合はダメなのですが。

そして、無事に全契約が成立を迎えました。
健康診断で再検査の指摘アリの場合でも、
今まで病院で再検査をすることがなかったお客様なのですが、
今回は行っていただきました。(今回は強制です!)

今まで、指摘ありのまま病院に行っていなかったので、
特別割増保険料といって、健康体の人よりも高いお金を払っていたのです。

10年ぶりの見直しなのに、家族3人分で掛け捨て部分が1000円以上節約でき、
保障内容もかなり濃くなりました。
貯蓄部分である終身保険2本は、そのまま継続します。

保障内容(掛け捨て部分)で最近思うのは・・・。

亡くなったときの保障から、
生きていても使える保険に変りつつあるということです。

今回の見直しにより、大きく変わった部分は、収入保障保険と言って、掛け捨ての死亡保険です。
従来は死亡したときにお金が下りる保険だったのが、
生きていても給付されやすい収入保障保険が増えています。
介護になってしまったときや、就業不能になってしまったときです。
それでいて、毎月支払う保険料は安くなっています。

貯蓄型の保険が、全く売れなくなった今、保険会社は保障で勝負しなければ勝てない、だから競うように保障を良く、支払う保険料を下げている、私は勝手にそう思っています。
それほど内容の優れている保険が生まれています。

もらえる事由の範囲が増えて安くなるのなら、そして、見直しが可能な健康な人ならば、見直した方がお得ですよね。
保険は決して損得ではありませんが、やはり見直された方がいいと思います。

まずは、聞く耳を持つことが大事です。

私に相談していただけるのなら、それはそれは嬉しいのですが、
相談料がかかってしまうので
(すでにお客様の場合は無料で情報提供させていただいてます)
担当の営業さん、いなければ来店型のお店に行っても教えてくれるはずです。

保険は、知らないと損することが多いです。

ぜひ、加入している保険の証券を見ることから始めてくださいね。
月に1000円の節約でも1年で1万2000円、10年で12万円ですよ。

 

☆8月15日(火) おうちカフェのオープン
8月のカフェオープン日は、19日、20日、23日、26日、30日です。

☆保険営業に、営業を教えるコンサルタントがセレクトする
 保険相談の申込みは下記から

お問い合わせはこちらから

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2017年7月26日(水) 14時~16時  横浜会場
個別面談付きで5000円です。

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)
8月15日(火)はカフェオープン日のため講座はお休みです。

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから