加入した生命保険会社から年に一度届くアレです。
営業担当が来る場合もあります。

契約内容の確認は、
年に一度、営業がお客様とのコンタクトをとれるチャンス!
そう思われがちで、
実際、鬱陶しいと感じている人も多いと聞きます。

実際、本当に保険営業にとっては
チャンスの場でもあるし、
(見直し、増額、紹介依頼ができるチャンス)

契約確認をすることで
お給料のポイントになる会社もあるようです。

でも、この契約確認
メリットは保険営業だけにあるわけではありません。

昨日、私のところにも
加入している保険会社から
契約確認のお知らせの封書が届きました。

私は、保険証券が読めるので、
この契約確認を見なくても、とくに問題はなく
いつもはそのままシュレッダーとなります。

たまたま今年は封を開けました。

新たな気づきがいくつかあったんです。

へぇ~、こんなときにもこの保険から出るんだ、
すごいじゃん、的な気づきです。

この気づき、気づいているのといないのとでは
大きな違いがあるんです。

病気になったとき、怪我したときの給付金は
基本、自分で保険会社に請求します。
こんなときにも出る!と知らないために
給付モレがものすごく多いのを知っていますか?

給付モレというと、保険会社が完全な悪者になりますが
お客様から請求がないと、
当然ながら保険会社は気づかないんです。

※昔は、保険会社が完全に悪い場合の給付モレも多くあったことは事実です

たぶん、保険営業以外の人は、証券を読むことが
難しいと思います。
この、契約内容のお知らせの方が、見やすいかもしれません。

実は、今月末に人間ドックの予約があり、
それもあって、封を開けました。

1年前のドックでは、乳がんとすい臓がんの疑いで
D判定とE判定の結果となり、
私が誰よりも先に連絡したのが、保険の担当さんでした。

即答でアドバイスくれました。
すごく安心したのを記憶しています。
精密検査の結果、異常がないときも、
ホッとしてくれました。

このように、きちんと担当がいる場合は、
病院に行く際に強い味方になってくれると思います。

担当のいない人も多いですよね?
離職率が高い業界です。
来店型の代理店から加入されていると
誰が担当なのか、分かりにくかったりします。

契約内容のお知らせ、
届いたら開封することをおススメします。

訪問してくれた際も、
面倒かもしれませんが、
なにか、ためになる情報をもらいましょう。

自分がしっかりしていれば
デメリットはないはずです。

保険営業さんは、このときとばかりと欲を出さず
情報を提供しに行くと割り切りましょう。
結果は後からついてきます。

 

☆8月15日(火) おうちカフェがオープンしました
9月は、2日、4日、9日、13日、17日、20日、24日、29日、30日です。
29日(金)は、イベント65エイジの会の開催のため、貸し切りクローズとさせていただきます。

☆保険営業に、営業を教えるコンサルタントがセレクトする
保険相談の申込みは下記から

お問い合わせはこちらから

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2017年9月22日(金) 14時~16時
個別面談付きで5000円です。

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)
9月26日(火)はお休みです。

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから