自分の知識が薄いためにゾッとすることがありました。

私は、子宮腺筋症という病気になり、3年前半に子宮を全摘出しています。
ある意味、もう子宮の病気にはならないと思い込んでいたのです。

完治後も、毎年人間ドックを受けていますが、
必ず、婦人科検診の項目があり、

あの、私、子宮がないのですが・・・

えっ、そうなんですね。
では婦人科検診はナシですね。
乳がん検診とセットなので、お金はかかります。

毎回こんな感じで、私は、病気をして以来
婦人科検診をしていないのです。

今年の人間ドックは、
あちら側の不備で、乳がん検診をしておらず、
改めて、再び検査会場へ行きました。

その際に、
私、子宮がないので、婦人科検診はできません。。。

と言うと、

そうなんですね。
子宮がなくても、子宮頸がんの検査はできるんですよ。

そうなんですか?(‘◇’)ゞ

私、保険に長年関わっていながら、こんな知識もなかったのです。
子宮がないから子宮の病気にはならないけど、
子宮頸がんにはなる可能性はあるということです。

子宮頸がんとは、子宮の入り口部分にできるがんで
見つけやすい、でも早期発見が大事ながんでもあるようです。

私の年齢で、もう3年半も子宮がん検診をしていなかったことが
恐ろしくもなりました。

同時期にテレビで、子宮がんを子宮全摘出で克服し
それでも子宮頸がんになり、治療をしている
女優の古村比呂さんの特集をしていて、

さらに納得しました。

検診側の受付スタッフは、もしかしたら
バイトなのかもしれませんが、

もし、あのとき検診しておけば・・・
そんなことになったら辛すぎますよね。

知識の薄い人間は、自分ぐらいなのか、
それとも一般の人は、私のように知らなかったりするのか。

今年は、内臓系は、珍しく指摘事項なしでしたが
乳がんの検査で、
これ、痛くないですか?
所見ありになってしまいます。

まで言われてしまいました。

まだ検診結果は届きませんが、
検診したその日に、再検査病院に予約を入れました。

人気の病院は、3か月待ちですからね・・・
毎年、この時期、怖くてたまりません。

そうそう、このblogで何が言いたかったかというと、
保険営業さん、女性のお客様には
こんな話ができるといいと思いますよ。

保険営業さんに、こんな知識を教わることができたら
私なら心強いです。

 

 

☆おうちカフェの営業日
11月1日(水) 5日(日) 8日(水) 11日(土) 15日(水) 19日(日) 22日(水) 25日(土) 29日(水)

☆保険営業に、営業を教えるコンサルタントがセレクトする
保険相談の申込みは下記から

お問い合わせはこちらから

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2017年11月24日(金) 14時~16時
個別面談付きで5000円です。

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)
10月10日(火)はお休みです。

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから