相談内容

平成になってすぐに加入した終身保険。妻の知人から加入、。現在も続けているが、今年になって妻と離婚、50代半ばになり改めてこの保険証券を見ると、医療の特約が60歳まで?ということに気付く。とてもいいもの、「お宝保険」と言われ今まで続けてきたが、健康診断で指摘事項も増えていることから本当に医療保険が必要なのは60歳以降なのではないか、ということに気付く。それでももったいないという理由だけで、元妻の知合いから加入したこの保険を続けるべきなのか。

 

「お宝保険」とはいったい何なのか

終身保険とは、一生涯いつ亡くなられても死亡保険金がおりる保険です。人は必ず死んでしまうので必ず受け取ることができる保険ということになります。逆に、保険会社にとっては必ず保険金を支払わなければならない保険となります。そのために保険会社は、お客様が払った掛け金を責任準備金として貯めておく必要があるというようなイメージ、言い方を変えると、解約したときに、そのときまで払っていた掛け金が戻る保険です。

今、この終身保険に加入すると、将来の解約金は払った分と戻る分、同じぐらいでしょうか。保険会社によっては払う分の方が多い場合もあります。この保険を昭和の末から、平成初めに加入していた人の場合、払う分より戻る分の方がはるかに多い、ということで「お宝保険」と呼んだりしているのです。払った分の2倍を受け取れるような保険、今では考えられないですよね。たまにこの「お宝保険」に加入されている人と出会います。

 

問題点は?

とてもいい保険なのですが、証券を拝見すると、お客様の察したとおり特約の医療の部分の保障が60歳で終わってしまいます。また、終身保険は積立型ですが、この医療の特約部分の掛け金は掛け捨てとなります。毎月払ってる13000円のうちの3200円が掛け捨てとなっていました。医療保険の金額を比較すると、20代で日額5000円の入院保障が3200円、それも60歳までの保障というのはお高いです。医療保険は、各保険会社、競争のようにどんどんお安くなってきています。

加入したのは20代、今は50代ということで、健康診断での指摘事項も増えてきているようです。保険の見直しは、“健康なとき”が大前提なのです。

 

改善策

健康診断の指摘事項とともに、現在、睡眠時無呼吸症候群で通院中ということが分かり、一般的な医療保険に加入するのは難しいと判断しました。緩和型、といって診査の緩い医療保険、それも60歳で保障が終わることのない終身の医療保険に切り替え、現在の終身保険から特約医療を削除する方法を提案させていただきました。

「お宝保険」を解約という選択は、私の中にはなかったのですが、お客様の話をよく聞いていると、元妻の知合いから加入したこの保険自体、続けていくべきか、という思いがあったようです。きっと、さっぱりしたかったのでしょう。

このようなことが、保険はマニュアル通りではないところ、なのです。お客様にとっては、損得ではないということ。60歳で終わる医療保障をどうにかしたい、いう切り口でしたが、きっと、この保険自体をどうにかしたかったのでしょう。解約することも考えていました。

テキストには載っていない、人と人。心の部分。損得よりも、大事なことなのかもしれません。リフォームのタイミングでもあったとのことで、必要なお金がここにあって良かったですね。早くさっぱりしてくださいね。こんな感じで相談を終えました。

 

保険相談、承ります。

1コマ90分15000円です。

[su_button url=”http://fp-eggplant.info/contact” style=”flat” background=”#eea2c7″ size=”6″ wide=”yes” center=”yes” radius=”3″ icon=”icon: envelope-o”]お問い合わせはこちら[/su_button]