昨日の新聞記事に、離婚後の養育費のことがあり、目に止まりました。

やっと、養育費の不払いに歯止めをかける法案ができる???
離婚が原因のシングルマザーの貧困が増えています。

私が25年ぐらい前に離婚した際、養育費はもらえませんでした。その養育費をめぐっての話し合い、というより、元夫からの暴力のため、なかなか離婚に向けての話し合いができず、私は家庭裁判所に相談に行きます。

ちなみに離婚原因は、不貞行為、女性問題、家族をかえりみない、などです。私と子が家を出たあとに、私の住んでいた家にその女性がすぐに入り込み生活を始めています。元夫の言い分は、自分は離婚したくないわけだから養育費を払う必要がない!でした。矛盾しすぎていますね。

ちなみに、元夫は最大手の会社に勤めていて、ローンはありましたが持ち家、車あり、でした。

調停により、息子が成人するまで月に5万円を支払う、ということが決まりました。協議離婚できずに調停離婚しています。

その養育費5万円は、ほとんど支払われることはありませんでした。離婚するまで専業主婦でしたが、当時勤めていた会社に、運よく自力で生活できるレベルまで育てていただきました。時給をもらいながらパソコン教室にまで通わせてもらっています。

児童扶養手当が月にすると4万円ぐらい?
養育費の5万円があるとないとでは大きく違います。

当時、区役所で週に2日、無料で弁護士の相談が受けられるというのを知り、相談に行きますがすごく冷たかったです。
逆に、収入がありながら何を言ってるんだ、と怒られる形の面談でした。

今では強い味方になってくれそうな人脈はありますが、当時は泣き寝入りすることばかりでした。

養育費を支払うことは、父親としての責任だと思うのですが、違うのですかね。
この法案が通れば、貧困の救済に繋がります。

今、計算したら、私の場合、子が20歳まで5万円の養育費がもらえてるのと、もらえてないのと780万円違います( ;∀;)
調停離婚でも養育費はもらえませんでした。
もらえる権利のお金が780万円あったということです。

今からでもいいからほしい 笑

 

☆保険営業に、営業を教えるコンサルタントがセレクトする
保険相談の申込みは下記から

お問い合わせはこちらから

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
個別面談付きで5000円です。
次回は9月14日(金)14時~

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから