ここ最近、不動産屋さんがおうちカフェに出入りしています。

いろんな想いはありますが、今住んでいる家の使いかたを検討しています。
二世帯住宅の一世帯部分でおうちカフェをしていたのですが、その前は、1年ぐらいかな?私の事務所に使っていました。
その前は、賃貸や民泊を考えていたのですが、玄関が1つのため、難しいと諦めました。

元々、息子世帯との二世帯住宅として作った家なので、息子が一人暮らしを始めたところから、ニーズが変ってきてしまったのです。
その息子も去年結婚し、家を持ったこともあり、もうこの家に戻ることはありません。
戻られても困ります。

カフェの再開と同時に、他の使い道も視野に入れてみたいと思いました。

この状況は、不動産業界の人にとっては、面倒なことなのかもしれません。
電話だけで断られてしまうことも何回かありました。

査定をしてもらい、次に住む物件の間取り図まで見せてくれてから急に連絡がとれなくなった人もいます。
まぁ、駅から遠い二世帯住宅、そう簡単には売れないのも分かっていますが。
残債も残っていますし。

そんな中、こういう難しい物件の売買が大好きだというマニアな不動産屋さんとの出会いがありました。
「やりかた」はいろいろあるようです。

不動産業界特有の、肌の色が浅黒いとか、金のネックレスとか、話が上手いとか、なにも持っていない人で(すみません)一言で言うと「地味」なのですが、経験なのか、今までにない提案をしてくれました。

自分で、こういう難しい物件の売買には燃えると言っていました。
私が、告知ありの保険案件に燃えるのと同じイメージでしょうか。親近感を持ちました。

この人に連絡してみようと思ったきっかけは、ポストに入っていたチラシでした。
プロフィールを見て、この人なら・・・・と感じるものがあったのです。

難しい物件の実績が書かれていました。どんな物件か書かれていたので分かりやすかったです。
マニア的なところに共感しました。

保険営業と全く同じですね。
やはり、自分のことを分かりやすく発信すべきだと、改めて思いました。

あのチラシが、ただのチラシだったら。他の営業と同じチラシだったら、そのままゴミ箱行きだったと思います。
自分のことを書き出し、ポスティングまでしている保険営業さんは少ないと思いますし、効率的にもどうかと思うのですが、今回のように、「マニアの共感」ということもあるかもしれません。

今月、土日は私がほとんど仕事で不在なのですが、ダメ元で地味な不動産屋の彼に委ねてみようと思います。
そのうち名案が浮かぶことも考えられますので。

人生で家の売買は3度目かな。売買になるかどうかは分かりませんが。
その人生、いい加減に落ち着きたいです。

そして、単純に、仕事を続けるなら駅の近くに行きたい。
それだけなんですけどね。わがままなのかなぁ。

 

☆保険営業に、営業を教えるコンサルタントがセレクトする
保険相談の申込みは下記から

お問い合わせはこちらから

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
個別面談付きで5000円です。
次回は9月14日(金)14時~

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから