愛人を受取人にした保険契約を結びたいとお考えのあなた、世の中そんなに甘くありません。

先週、テレビで見かけました。

愛人を受取人にして契約した人が亡くなってしまいました。
愛人は、当然自分にお金を残してくれたと思います。しかし、妻は、そんなこと許せるわけがありません。

さて、この場合、愛人は保険金を受け取ることができるのでしょうか。保険はきちんと契約されていました。

答えは、受け取れません。
というか、この契約自体が成り立ちません。

保険金の受取人になれる人

  1. 配偶者
  2. 親、子などの 一親等
  3. 祖父母、兄弟、姉妹、孫などの 二親等

配偶者や、一親等、二親等がいるのに、その他の人を受取人にするのは難しいと思ってください。
保険会社により、内縁や、婚約者でも受取人になれる場合があります。
また、受取人を複数人にすることもできます。子供二人に50%ずつとか。この場合、受取人全員の印鑑証明書や、保険金請求書が必要になるので時間がかかる場合が多いです。

受取人が先に死んでしまったら?

受取人の変更を忘れないでください。
もし、変更しないまま被保険者が亡くなった場合、受取人も既に亡くなっているわけです。被保険者の法定相続人ではなく、受取人の法定相続人が受け取ることになってしまいます。

具体的に書くと、例えば、子供のいない夫婦の夫の保険。
受取人である妻が、夫よりも先に亡くなってしまいました。
受取人を変更しないと、夫が亡くなった場合、夫ではなく妻の法定相続人が受取人になるということです。
夫の両親や兄弟が健在なら、複雑な思いになるでしょう。

愛人を受取人にはできない

このテレビでやっていた内容の場合、この保険はなかったものとして白紙になります。
そもそも愛人を受取人にはできないのです。

保険営業の責任も大きいはずです。
今は、受取人の名前、生年月日、続柄まできちんと記入する形となっている場合がほとんどです。

二親等がいる場合のほかの人受取人指定も難しい

私の経験です。
受取人として難しいのは愛人だけではありません。

それほど死亡保険金が必要ない人、40代独身女性が、貯蓄機能の高い、終身保険と個人年金に加入したいという意思がありました。よくあることです。

この場合も死亡保険金の指定が必要になります。
終身保険は、死亡保険であり、個人年金も万一のときにはお金が戻るものがほとんどです。その受取人指定が必要となるのです。

親もいない、配偶者もいない、子もいない、この女性は、唯一、お兄さんがいました。しかし、そのお兄さんとは、裁判で争うほどの絶縁関係だったのです。どうしても受取人指定が必要だったのですが、そのお兄さんの子(甥)ならかわいいから受取人にしてもいいとうことになりました。

どんなに事情を保険会社に申請してもNGでした。私もそうとう頑張りましたが、ダメなものはダメだったので記憶に残っています。

この貯蓄商品自体をものすごく気に入っていたため、結局は、受取人をお兄さんにした上で、遺言を書いていただく流れになりました。

このくらい、保険会社も受取人に関しては慎重です。
私が業界に入ったときには、受取人を「法廷相続人」とすることができたのですが、今はできません。事由が発生したときがきっと大変なのでしょう。あちこちから法定相続人がでてきそうですよね。

もう一度整理します。

愛人は、受取人にはなれません。

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
個別面談付きで5000円です。
次回は11月9日(金)14時~

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから