何をしているのか、具体的な仕事内容の分かる名刺やホームページは、一番の営業ツールです。
交流会に参加し、一生懸命紹介依頼をするよりも近道かもしれません。

ところが今、名刺の在庫が数枚になってきてしまいました。
印刷業者に連絡すればいいことなのですが、ずっと、何かが心で引っかかっています。

名刺には、1冊目の本の写真しか載っていません。
今は4冊目の執筆を始めています。

名刺交換の際に「あ、本を出されているんですね」と言っていただくことも多く、1冊目の本だけではもったいないと思っていました。

そして、気付いてしまいました、自分がざわついてる理由を。
今の名刺を作成したときと、「誰に向けて」の部分が変っています。

ホームページも同じかもしれません。

ここ1年半かけて、生命保険営業個人対象のコンサルタントから、保険会社向けの講演に軸を変える作業をしていました。
営業法も、保険営業個人を対象にしていたときとかなり変わっています。

そして体制が整い、やっと保険会社からの依頼を受けることができるようになってきました。

保険会社の教育担当の人からの電話で、「ホームページ観ました」と言われると、「わ、大丈夫かな」と思ってしまうのは、やはり、今のホームページをつくったときと、見せる対象が変っているからなのだと気づきました。
対象を変えたときから、パタリと問合せがなくなっているのも納得できます。

不思議なこともあり、ホームページに載せていない1冊目の本からの講演依頼が、今年3回ありました。
今までになかったことです。
載せていないということは、ホームページ経由ではないということになります。
また、著書が私の最強の営業ツールにもなってきています。
本経由での仕事がほとんどになってきたということです。

“おとなの部活”も、このような私の仕事の最終的な着地の部分で、濃く繋がっているので、そのことも明確にしたいところです。

ホームページはどんどん進化できるところがいいところでもありますね。

名刺に関しては、何度も変えるのはいかがなものかと思っていましたが、営業ツールの一つであるならば、仕事の流れによって変えるべきなのかもしれません。

来年、引越しという、莫大にお金がかかることが待っているので、なるべく費用は抑えたいところです。

ということで、あれこれ考える年末年始になりそうです。
今日で仕事納めという人も多いと思うのですが、料金のことなど業者さんに連絡をさせていただくかもしれません。

朝から、過去にみなさんにいただいた名刺をテーブルに並べて整理。一目で何をしている人か分かる名刺を抜き出してみました。
何をしている人か、伝わらない名刺の方が多い!というのが正直なところです。

自分だけの肩書なんかも大事ですね。

私にとっての窓口の部分もありますので慎重に考えてみます。

 

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年1月22日(火)14時~ おうちカフェ
個別面談付きで5000円です。

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから