今日もお客様の声です。
女性保険営業からモテモテのNさん。
その結果、保険営業のことが大嫌いになりました。

Nさんの職場には、お昼休みに何社かの保険営業がやってきます。
12時のチャイムと同時に外にランチに行く人が多い中、自分の席で昼食をすませ、残りの時間を読書するのが日課となっているNさんのところには、保険営業の列ができることもあります。

人当たりのいい人と話したい、保険営業の誰もが考えることなのかもしれません。

自分に女性の列ができるということに、最初は優越感を抱いていたNさんなのですが、いつの日にか、その女性たちのイヤな部分を見ることになります。

女性同士、他社営業とは
こんなに仲が悪いんだ・・・。
当然かもしれないけど、
ここまであからさまだと凄いな
・・・←Nさん

競合他社営業に対しての舌打ちを見てしまい、ゾッとしてしまいます。
(おそらく無意識?)
保険屋って下品だなぁ ←Nさん

今度、外で会いましょうよ。
○○生命とは外で会ったんですか?
飲みに行きませんか?

ガンガン言われます。

Nさんの職場は、節電のため、お昼休みになると電気が消されます。
薄暗い中、このようなことが繰り返されていました。

Nさんは、独身でありながら保険の必要性を感じていました。
そのNさんが選んだ保険営業は、列をつくる女性たちではなく、たまたま立ち話をした女性でした。

共通のファンの作家がいて、この女性営業から本を借りたこともあります。
この女性は、列に混ざることもなく、

もちろんその人は、

今度、外で会いましょうよ。
○○生命とは外で会ったんですか?
飲みに行きませんか?

なんて言ったことがありません。

舌打ちもしません。

Nさん、自分の保険にも担当にも満足していますが、未だに保険営業のことは嫌いと言っていました。

※保険営業さん、ポイント分かりましたか?
おとなしめの人は、イケイケ営業でおとせるなんて大きな間違いです。

大事なのは共感。
ここで言うと、「共通のファンの作家」「本が好き」ですね。

くれぐれも、一生懸命とイケイケを勘違いしないでくださいね。
舌打ち、絶対にダメ( ;∀;)

色気より、心遣いです。

 

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年1月22日(火)14時~ おうちカフェ
個別面談付きで5000円です。

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから