病院に行くと、いいことを考えないというのが正直なところです。
そんな中、10年前のあることを思い出していました。

起業したての頃ですね。

15年ぐらい前?来店型の保険代理店に勤めていた頃のお客様にスカウトしていただいたことがあります。
全然保険関係の人ではなく、病院関係の人でした。
病院の満足度調査をしている会社の社長さんです。
私などと、やりたいことがあったようで。
それはそれは嬉しかったのですが。

私は、他のオファー先に転職してしまったのです。
大手百貨店に転職してからも遊びにいらしてくれました。

いよいよ独立!となったときに
自然に、さぁ、やろうか!という思いになりました。

私たちのやりたかったこととは、
聖路加病院など、大きな病院での保険相談窓口でした。

ただ、独立してしまった私は、知名度のないただのシモサワさん。
そして当時はまだひとりきりでした。

ということで、協力していただける保険代理店を探しに、2人でまわりました。

面白い!そう言っていただける代理店はあったのですが結局それ以上は進みませんでした。

“道徳的危険”ということが理由で進まないことが分かり驚きました。
“道徳的危険” つまり、保険給付金を請求するには医師の診断書が必要で、診断書を出す病院側と保険側がタックを組むと、コンプライアンス違反が生まれやすくなるのでは?ということです。

そんなこと、言われるまで全く気付いていませんでした 笑

でも、今でも思います。
保険のことを頭に浮かべるときって、残念ながら体調の悪いとき、それも病院でだったりしませんか?

その時の患者さんが、保険の募集人だったりしたら、治療費や、治療費以外にいくらお金がかかったのか、またお金以外のアドバイスももらえそうですよね?

もちろん、通院、入院されていれば、保険には加入できないと思ってください。
それでも、この会社なら、○○か月後に加入できるかも?とか、そんなアドバイスがもらえたら嬉しいかもしれません。

これに近いこと、10年後にきちんとできています。
病院ではなく、薬局ですが。

10年間、起業のころからいろんなチャレンジがありましたね。

さらに、何かを思いつきそうなんです。
マイナスなことを考えるよりいいよね?

全く、自分が病気である気がしません(+o+)

 

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年 3月19時~(火) おうちカフェ
講座2時間+グループコンサル付き その日完結です。12,000円

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから