本日、正式にがんの告知を受けました。
それなりにショックではありましたが、ここ2週間の心のモヤモヤや、心無い言葉よりも、受け止めることができました。

2人に1人が見つかる時代も近いですからね。
病院も手術待ちの状態のようです。

ここまでの流れを簡単に書きますね。

私の胸にシコリが発見されたのは、今から2年前、人間ドックにより分かりました。
会いたい人には会っておこう、そんな気持ちで、人に会うことを意識した1年でした。
最後に保険の見直しをしたのが、その人間ドックの3ヶ月前です。
F判定の結果の後、すぐに保険の担当に連絡し、「○○日以降なら診断金が給付される」と言われたのを覚えています。

がんの場合、加入してから90日間が免責期間といって、がんになっても給付されません。
加入時にがんが潜伏していなかったかどうか、を保険会社に見られます。

保険の付帯サービスに電話をして、乳がんの実績のある病院を紹介していただきました。

2年前のシコリは良性。
去年も同じシコリで精密検査。
それも良性。

そして、ここ1年で急激にシコリが2倍に大きくなってしまいました。
その隣にもう一つ、シコリも見つかりました。
細胞診の結果、2週間後の今日、悪性ということを告げられたという流れです。

左胸の乳がんです。
非浸潤がんと、浸潤がんというのがあるそうです。

私は、良くない方、浸潤がんです。
がん細胞が乳管を破って乳管の外に広がっている状態です。

よく、ステージ、という呼び方をしますが、転移があるかどうかの検査もこれからであり、今ここでは正確なことは伝えられません。それでも、シコリの大きさから見て、ステージ1ではありません。
来週、これからどのような検査、治療をしていくか、ドクターと話します。

マンモグラフィーや超音波は2年に一度はやりましょうと言われていますよね。
私の場合は毎年行っていて、1年前まで良性でした。
自覚症状は全くないので、2年に一度の検査なら、けっこう進んでしまっていたと思われます。

女性の皆さんの参考になればと思います。

今後ですが、仕事しながら治療?というと怒られるかな。
治療しながら仕事をしていく予定です。

来週13日から、新しい保険会社での新人研修での講演が決まっています。
先ほども、よろしくお願いしますと連絡をいただいたところです。
今、この仕事が、一番のモチベーションに繋がっていることも明確なので、やり遂げようと思います。

再来週18日には、第2回出版部があります。
楽しみにしている人も多いので、決行します。

もっともっと、使える保険を広めていきたいです。
そして、保障の話をきちんと伝えられる保険営業を育てていきたいです。

だから、どうか皆さん、私への哀れみよりも、ご自分の心配をしてください。
そうでないと、こうして発信している意味がありません。
先日も書きましたが、哀れんでほしくて、心無い言葉がほしくて発信しているわけではありません。

おとなの部活に関して、本部の2人からの
「部活は、今まで通り続けましょう」
「なんでも相談してね」
の言葉に強くなれました。

午前から心配してLINEくれた、Mさんからの「ファイト!」も。
Rさんからの「焼肉行くよー」も。
そして、Hさんからの「支えになる」に隠れ号泣。

本当に、本当にありがとうございました。

生活自体は、疲れなければ、今までと変わらずでいいそうです。
自覚症状もないので、普通に仕事していきます。

※ 今のところ、かかったお金は、再検査で7000円弱、精密検査で6000円ぐらい、本日7000円ぐらいです。
手術の場合の入院は、4日~7日ぐらい。
その後のがん治療は通院で1年ぐらい。

この最新の治療に伴う保険、準備できていますか?

ここ、病院の更衣室 笑

 

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年 3月19時~(火) おうちカフェ
講座2時間+グループコンサル付き その日完結です。12,000円

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから