保険営業の皆さんに聞いてみたいのですが、もし、あなたが目の前で『コンプライアンス違反』を見てしまったらどうしますか?

コンプライアンス違反とは?

たくさんありますが、ここでは、無面談契約、親族同席なしでの高齢者との保険締結、外貨建て商品のリスクを話さずに締結、病気があることを告げられるも告知をしないよう誘導、社内でお茶代として集めたお金の使い込み、お客様からお金を借りる、保険料を立て替える、保険料を払ってあげる、などのことを言います。

全部、最近聞いてしまった話です。

波風立てない

とにかく賢くなりましょう。見て見ぬふり。そして自分は正しいことをするのが一番です。
波風立てて失敗してきた私だから言えることでもあります。

保険会社は営業所という単位ですが、会社という組織はとても大きいです。ほとんどの保険会社が大手と呼ばれる企業です。
組織に営業職個人が叶うわけがないのです。必ず負けます。

今では、どの保険会社でもコンプライアンスの部署があります。
そこに相談する方法もありますが、もみ消される可能性も高いでしょう。当然かもしれませんが、会社を守る方向にもっていかれます。
また、コンプライアンス違反をやらかしている人が、優績者であればあるほど、会社はその営業の方を守ることも考えられます。

金融庁へ報告

それでも我慢できないときには。我慢できないというのは、仕事がどうしてもやりにくくなってしまった。コンプライアンス違反によりお客様に迷惑かけるかもしれない。コンプライアンス違反を指示されている。などのときには、金融庁に電話をしましょう。何も、あなたが間に入るわけではなく、起こったことをありのまま報告すればいいのです。争わず、あとは金融庁に任せてしまいます。

私も、上記の内容とは異なりますが、正しいを貫くことで犠牲になった者の一人です。組織にはどうしても勝てません。

真面目で正しい人が辞めて行かなくてはならない保険業界。どうにかならないものかと思います。

こんな人が辞めずに残れば、業界変わるのに・・・。そう思うことばかり続きます。
それでも採用!採用!ですからね。理不尽です。

 

☆新刊情報

5月12日(日)Amazonにて発売!Amazonにて予約受付スタートしました!
『私たちが保険営業を嫌うワケ』
~だから保険屋さんがイヤなんです~

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年 日時をお問合せください。
講座2時間+グループコンサル付き その日完結です。12,000円

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから