保険営業さんに関わらず、このお客様、相手にしていいのだろうか、そう思うことはありますよね。
営業成績も大事、収入も大事、すごく気持ちは分かります。
難しい問題なのかもしれません。

53160116結論から言うと、お客様にしない方がいいです。
とくに保険営業の場合、このようなお客様は解約に繋がりやすいからです。
そのお客様も、あなたを尊敬とか、共感という目では見ていません。

困るお客様のタイプ

保険の場合の困るお客様のタイプを書いてみますね。

①「入ってやる!」という態度の人
嫌ですよね。
本当に困ります。「入ってやる!」なので、当然ながら上から目線。こちらのペースではすすみません。
私の失敗事例でもありますが、主婦の方に、契約をいただいてからお宅に呼ばれ、
生協で届いたレモンが腐っているというクレームの電話をかけさせられました。
また同じお客様ですが、銀座で豪華ランチをごちそうさせられました。
そんなにお給料もらっていないですよね。

②物品の販売をしている人の交換条件
ヒーターを買ってしまい、それなのに保険の契約に至らなかったということもありました。
契約してやる、という態度に弱い保険屋さんは要注意です。

③ネットワークビジネスをしている人
ネットワークビジネスが悪いとは思いません。
でも、保険営業にとって、ネットワークビジネスをすることはNGです。
病気の人を相手にしているんだからできるでしょ!よく言われましたね。
基本副業は禁止です。代理店の人も、ネットワークビジネスは、さらにイメージを悪くしてしまいます。
なにより、ネットワークの商品と保険商品の駆け引きは嫌ですね。
とんでもないことです。

④宗教の勧誘をしてくる人
私も何回あったことでしょうか。
まとめると、「困るお客様」=「駆引きのある人」でしょうか。

 

困るお客様を寄せ付けないために

私も年月はかかりました。
頭を下げる立場にならないことです
相手は、お客様ではあるけれど、感謝される立場になることが大切です。感謝される立場、というのは、相手の商品を購入するのではなく、最初から先生の立場になる、ということです。

最初から先生の立場になるためには、相手のためになる情報を定期的に発信することです。決して、上から横柄に、ということではありません。
その情報発信により、お客様の方から「詳しく教えてください」と言っていただけることを目指してください。

数字が欲しくても、淡々と。ガツガツは相手に伝わり、その結果、利用される立場になってしまいます。

 

メルマガ登録は下記からお願いします。
https://www.agentmail.jp/form/pg/5352/1/

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2017年2月24日㈮ 14時~16時

八重洲会場(東京八重洲地下4案出口10秒)
個別面談付きで5000円です。
お申込みは下記のお問合せからお願いします。

[su_button url=”http://fp-eggplant.info/contact” style=”flat” background=”#eea2c7″ size=”6″ wide=”yes” center=”yes” radius=”3″ icon=”icon: envelope-o”]お問い合わせはこちら[/su_button]