下澤さんは、どうしてそんなに行動力があるのですか?
どうしてすぐに動けるのですか?
どうやってモチベーションを保っているのか聞きたい。

最近、そんな声を何度か聞くことがあり、
私としては、そんなことが聞きたいの?
という感じなのですが、
ここ数日、その答えを私なりに考えていました。

53160051環境は皆平等である

まず、私も落ち込みますよ。
そうでない人なんていないんじゃないかな。
そう見えないとも言われます。
まぁ、シングルマザーの頃から全く悲壮感がないとも
言われていたので、それと同じなのかもしれません。
表面に出さないだけですよ。

あっ、でも特定の人には愚痴ったりしています。
今朝もそれはやりました 笑

結果、そのやりとりで、私は○○しようと思う!
に対して、「正解!」という返信をいただき、
だいぶ穏やかになりました。

大っぴらにぶちまけても、なんの効果も意味もないでしょ。
それと、ぶちまけられた方は、いい気分にならないと思うし。
(私に愚痴られた人、ごめんなさい・・・)

落ちた時の上がり方も知っています。
私の場合は、どん底まで落ちることで、
もう上がるしかない状態にもっていきます。

「やろう」と「やらなくてはいけない」

たぶん私は、「やろう」という方の感覚です。
例えば、好きなことは自然にやっているってありません?
好きなミュージシャンのコンサートに行ったり、
趣味のことです。
無意識にでもやってしまうこと。
私に編み物やパズルの時間を与えると、
家事も何もしなくなります。
仕事も同じぐらいの感覚なのです。

なぜ無意識にでも、ほかを犠牲にしてでもやりたくなるのか。
やはり、好きだから、趣味だから、そして楽しいからなんです。

商品の内容も、一度聞けば頭に入ってしまいます。
マニア的に好きだからです。

なので、好きなことだけやっていればいい!
ということになりませんか?

営業でいうなら、好きな相手だけに
自分の趣味のような好きなやり方で仕事をすればいい!
これが動けるコツです。

他の業種にはない、この仕事の魅力ではありませんか?

「やらなくてはいけない」という感覚の人の現状

では、「やらなくてはいけない」という感覚の人をみてみます。
本当はやりたくないけど仕方ないからやっています。

仕方ないからやっているなら十分かもしれません 笑
仕方なくても動いているということですから。
営業でいうなら、〆切ギリギリで慌てて動き出し
どうにかなったりする人。
(確かに、ギリギリで数字出す人います)

厄介なのは、「やらなくてはならない」という感覚の人が
〆切間近になっても結局動けない場合、
出来ない言い訳を必死に探そうとします。
その言い訳は周りの人にとっては聞くに堪えないぐらい
みっともない言葉となります。

「動けない人」から「動かない人」に変わる瞬間です。
もちろん商品も覚えようという意識が薄いため
いつまでたってもあやふや。

どの業界でも最悪な人として見られます。

「動く人」になるためには

繰り返しになりますが、
好きを仕事にしてしまえばいいのです。

好きな人(本当のターゲット層)だけに
好きなように(自分だけの営業のやり方で)
仕事をすればいい!
講座で連呼しているままでした。

 

※ちなみに、私はそんなに出来た人間ではありません。
仕事以外は、「やらなくてはいけない」という感覚の持ち主です。

体のためのストレッチも続きません。
ダイエットも監視されていないと、つい食べてしまいます。
保険商品は一発で頭に入るけど、
未だに、ジャニーズが分からず
SMAPと嵐のメンバーの違いは何度教わっても頭に入らないんです。

情けないほど何もできません。

というか、やりません。

 

 

保険営業に、営業を教えるコンサルタントがセレクトする
保険相談の申込みは下記から

お問い合わせはこちらから

1up講座告知

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2017年5月30日㈫ 14時~16時  横浜会場 (横浜駅徒歩5分)

個別面談付きで5000円です。
お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから