昨日、たまたま話題に出たことなのですが、
離婚による養育費を支払っていない父親が多いのでしょうか???

私の場合、もう遠い昔ということもあり
現在は全くなんとも思っていないのですが、
調停離婚にも関わらず、その調停で決められた額が
振り込まれたのは、最初の数回でした。
1年分ももらていません。

離婚の理由や
払う、払わない、または払えない
それぞれの価値観や状況もあることなので
どれが正しいとは言いません。

自分が離婚したくてしていないのに
なぜ支払わなければならないのかが分からない、
それが息子の父親の言い分でした。

そのような考えの人に
払うことを何度交渉しても
自分の心が破壊していくだけのような気がしたので
私は諦めるという選択をしました。
自分で稼ぐということを知ることができたし、
結果、今はその方が幸せだったと思っています。

養育費を払わない価値観の人に、一つ分かっていただきたいことがあります。
女性(母親)の時間です。

どんなに単純な事務作業だろうが
給料が高く、休みの多い会社だろうが
女性が一日8時間、外で働くって大変なことなんです。

なぜか?
ただの家事!そう思っている人も多いのかもしれませんが
朝ごはん、お弁当、掃除、洗濯、夕飯、お風呂掃除。
そして、子供との時間。
ただの家事!そう言っている人は、
全て奥様任せだったんでしょうね。

離婚した男性の飲み会の時間、
そんな時間、元妻にはきっとありません。

そんなことを考えると、
やはり、養育費、そして入学金や制服のお金
部活にかかるお金、払ってあげてほしいな、って思ってしまいます。

子供を育てる、人をひとり大人にするって
すごーく大変なことなんです。

両親そろっていても、高校から大学にかけては
教育費がキツくありませんか?
それを、女性が一人で稼ぐのは容易なことではありません。

大学になると、入学金、年間の授業料のほかに、
寄付金もあったり、
一番かかったのが、授業料と別のゼミ?のお金。
この資格をとるために沖縄へ、で30万!
翌月には、この資格をとるために北海道へ、で30万!

稼げど稼げどお金に追いかけられます。

やはり、養育費、または相当する誠意、
絶対に必要ではないでしょうか。
子供には罪がありません。

それと、シングルマザーさんも、きちんと自立しましょうね。
私は、シングルマザーをウリにはしたくなかったので
自分からそのことを話したことはありません。
自立の相談ならいくらでも受けますよ。

そして!元妻の悪口、聞いている方が不快です。
絶対に言ってはダメ!

この会話をしていて納得してしまったのですが
保険営業に限らず、やはり仕事に繋がっています。
相手を思いやる心、優しさではないでしょうか。

この心がないと、保険営業も向かないかもしれません。
相手を思いやるところから始まるので。

女性の時間のことを書きましたが、
そもそも、相手の時間、ちゃんと考えられてますか?

この、「人の時間」について、また改めて整理して書いてみたいと思います。

 

 

保険営業に、営業を教えるコンサルタントがセレクトする
保険相談の申込みは下記から

お問い合わせはこちらから

1up講座告知

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2017年5月30日㈫ 14時~16時  横浜会場 (横浜駅徒歩5分)

個別面談付きで5000円です。
お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから