この保険、というか特約なのですが
若いときに加入するほど安いです。

私の年齢で、100万円あたり月2000円の掛け金。
掛け捨てだけど貯蓄と思い計算してみると、なかなかいいです。

2000円×12ヶ月×40年=96万円
90歳までに介護1になってしまうと元がとれます。
(ならずに死んでしまったら掛け捨てます)

これならわりといい?

50歳より若ければ、もっといいということなのですが
反応をみていると、若い世代はそんなに必要性を感じていない?
必要性を教えてあげるのが私たちの仕事でもありますが。

やはり、私の年代以上の人や
親の介護を経験された人に響く商品なのかな~

先日お預かりしたのは71歳女性。
親の介護の経験ありです。

多く貯金があれば、介護になった時のことを考えても
そんなに怖くはないかもしれませんが
そうでない場合は、本人も、そして家族も不安だと思います。

ただ、71歳だと100万円の一時金をもらうのに
その部分の掛け金が6000円ちょい。
ずいぶん変わりますね。
それだけリスクが高いので当然なのですが。

同じように貯蓄と考えて計算すると、
6000円×12ヶ月×10年=72万円
6000円×12ヶ月×20年=144万円

81歳までに介護1の状態になってしまうと
貯金で貯めるよりいい!
91歳で・・・・だと、払う方が多い!
(介護にならずに死んでしまったら掛け捨てることになります)

んー、微妙ですね。
介護1になって、その後の介護を考えると
100万円で足りるのか!って話にもなると思います。

かといって、71歳から貯蓄型の保険も考えにくいです。

いろいろ考え方はあると思うんです。
あえて、さらに特約で、三大疾病になってしまったら
もう毎月の保険料を払わなくてもいいですよ~
という特約を付けてみたんです。

さらに掛け捨て部分は多くなります。

ただ、この特約を付加することで
介護1での一時金が近く感じたようです。

がん、心筋梗塞、脳疾患の確率も年齢とともに大きくなります。
そうなってしまったときに、介護1のための6000円も払わずに
保障をもつことができる。

こんな流れで、71歳女性は、介護1で100万円の特約を付加されました。
医療保険に三大疾病時に50万、先進医療、介護、免除特約の付加で
トータル13000円ちょっとの掛け金となりました。

介護1での100万円が、足りるのか。
足りないです。
でも、準備のお金の100万円としても、あるとないとでは
大きく違うのではないでしょうか。

今までは、他社で、同じ形の医療保険(介護なし)に加入されていましたが
今回の見直しで、その部分だけで2000円も安くなりました。
介護の部分の6000円は、子供が払っていきます。

この介護1でおりる特約は
損保ジャパンひまわり生命さんの医療保険と終身保険に
付加できる特約となります。
このblogを書いていて、静かだな~と思ったら
たんぽぽ、どんぐりは、ベランダでぽかぽかごっこしていました。

 

保険営業に、営業を教えるコンサルタントがセレクトする
保険相談の申込みは下記から

お問い合わせはこちらから

1up講座告知

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2017年5月30日㈫ 14時~16時  横浜会場 (横浜駅徒歩5分)

個別面談付きで5000円です。
お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから