先月、9月26日に人間ドックを受けて
まだ結果が届いていません。
結果が届く前に、大変なことが発覚したのです。

健康診断を受診した施設側のミスにより
乳がん検診をしていなかったことが分かります。

誰でも人間ドックは好きではないとは思うのですが、
そんな中、また時間を作って
検診に行かなくてはならなくなりました。

誰でも間違いやミスはあります。

それは分かっている上で、
今回、え???と感じたことが2つありました。

まるでこちらが悪い的な感じの対応

電話で問合せをしたところ、
女性の検診用の受診票が入っていたはず、と
こちらが見落とした的な対応だったのです。
私は、送られてきた封筒ごと、窓口に提出しています。
乳がん検診を申込んだ形跡も、
乳がん検診分のお金を入金した形跡も残っていました。

この場合、まず、謝るべきですよね?

去年も受診しているし、
もう今年はいいかな、とも一瞬思いました。

でも、お金も払っているわけだし、
もしも、このことが原因で、病気が発見されず
取り返しのつかないことになっても
この施設が責任とれるわけでもないでしょう。

そのときには、私の人生って本当に不運と嘆くのだろうか・・・・
とかいろんな想像をした結果、
やはり、改めて乳がん検診を受診することに決めました。

人間、誰でも間違いはあります。
そんなときこそ迅速な対応、素直に謝る心が大切であること、私も再確認した出来事でした。

個人情報漏洩の一種じゃないか?(# ゚Д゚)

もう一つの え???を書きます。

数日で、婦人科の受診票が送られてきました。
すぐに中身を確認したところ、
これ何?と思えるものが同封されていたのです。

この健康診断の施設の担当と、受診する人のメールのやり取りを印刷したものが、ぺらっと出てきたのです。
受診する人の会社名、フルネーム、内容、そしてメールアドレス、全て記載されているものが、間違えて私の受診票に同封されてきたのです。

正直、驚きました。
保険営業さんが、これをやってしまった場合、けっこう大変なことになります。
新聞に載ってしまうかもしれないし、印刷物に載っている人が複数人いると業務停止になることもあり得ます。

最近もニュースで問題になっていましたよね。
警察の送ったファックスが間違えてお弁当やさんに届いていたとか。

ちょっと、ズサンすぎます。

大きな問題にしようとは思いません。
でも漏洩された人側の気持ちになると、何とも言えません。

保険営業だから罰せられるのもオカシイです。
同じことを普通にやらかしている、他業種なら許されるのでしょうか。
そう考えるとやはり納得はできないです。

再受診のときに窓口でその印刷物を渡した方がいいのか。
その場合、その場でゴミ箱行きなのか。

このまま何もしないのが、本当の大人なのか。
もう少し考えてみたいと思います。

 

☆おうちカフェの営業日
10月4日(水)、8日(日)、11日(水)、14日(土)、18日(水)、22日(日)、
25日(水)、28日(土)

☆保険営業に、営業を教えるコンサルタントがセレクトする
保険相談の申込みは下記から

お問い合わせはこちらから

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2017年11月24日(金) 14時~16時
個別面談付きで5000円です。

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)
10月10日(火)はお休みです。

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから