許されることではないにせよ、他でも起こっているとも考えられる「体育会」の現状。
今日は体育会について書いてみたい。

体育会には、一般の人が知ることのない、当たり前のことがある。
ウチの子が卒業した体育大学では

1年生は奴隷
2年生は平民
3年生は天皇
4年生は神様

上下関係が半端ない。間違えても神である4年生に逆らうことはできないのだ。1年生は弁当を持って登校し、トイレで食べる。学食で食べ終わった先輩から電話があれば、ダッシュで学食へ行き、食器を下げる。逆らえば、罰としてグリコのポーズ1時間。

「1年生の掟」という印刷物を見て驚いたことがある。全ては覚えていないが、自分のことを、僕や俺なんて言ってしまったら終わり。自分のことは、自分と言う。先輩からの言葉には「はい」か、「存じ上げません」しか言ってはいけないのだ。

『黒いものでも、上が白と言えば白になる』それが体育会なのだ。

監督の位置と言えば、4年生の神様より上。逆らえるはずがない。
監督はもちろんのこと、やってしまった生徒の責任を問う声もあるが、体育会と絡んだことのない人には、まずこの現実を分かってもらいたい。監督に逆らうことはできない。

日本大と関西学院大学のアメリカンフットボールの試合で、生徒がやってしまったことは、「試合に出たいなら」というより、「監督からの命令には従う」という単純なことだったのかもしれない。

以上のことからも、今回の試合でたまたま映像が出たことで問題となったが、他にも起こっている可能性は高い。

体育会の現状全てを見直すのはとても大変なことだ。体育会には必ず、古くからの伝統というものがあるからだ。

これも古くからの伝統の一つ。

初めて目の前で、このエッサッサを見たとき衝撃的だった。体型の悩み等で嫌がる子も、絶対にやらなくてはいけない。ここまででもセクハラと感じる人は感じるだろう。パンツ一丁だ。ちなみにこの白いパンツはエッサパンと言う。

このエッサッサは、大人になってからの友人、または本人の結婚式での余興でもテッパンネタだ。体育会の上下関係は卒業までではない。一生続くのだ。

この上下関係の伝統には、このようにマイナス要素もあるが、とてもいいところもある。

体育会の人間は企業から欲しがられる。能書きばかりタレる、俺様新入社員にはならないのである。これは社会人としての武器にもなる。息子も、この時代があったから今があると私は心から思っている。今の仕事に就けたのも、この頃の苦労のおかげだろう。

※その分、とにかく頑固に育ってしまった。

変わらなくてはならないのは、神様の上に位置する人。そして、伝統の中のいい部分だけは、しっかり受け継いでもらいたい。

息子が神様になったとき、酔い潰れた奴隷がいると私に電話があり、一緒にその奴隷を家まで送ったことを思い出した。生徒たちは、伝統である上下関係を守りながらも思いやりは忘れていなかった。

☆おうちカフェの営業日
5月2日(水)、9日(水)、13日(日)、16日(水)、19日(土)、23日(水)、27日(日)、30日(水)

☆保険営業に、営業を教えるコンサルタントがセレクトする
保険相談の申込みは下記から)

お問い合わせはこちらから

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
個別面談付きで5000円です。
2018年5月25日(金)14時~16時

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから