好きな相手が、キャバクラやスナックで働いている。なぜか好きになるのは水商売の女性ばかり。もう水商売以外の人を好きになることはできないのではないか。そんなふうに思っている男性、実は多いのではないでしょうか。ここでは相談事例を元に、水商売側目線でのいいお客さん、迷惑なお客さん、また今後この相談者はどうするべきかのアドバイスを書いてみたいと思います。

水商売

 

相談内容

相談者は30代前半の独身男性。両親と自分3人で商売をしている自営業のため女性との出会いが全くない。2年前から近くのスナックの常連でそこのママと恋愛関係にある。(と思い込んでいる)キスまでの関係とのこと。この先、この彼女とどうなるのかが不安。好きでたまらない。その店に通うために貯金を使い果たし借金。督促も続く。そのため親友にも借金。返せる見通しはない。面談中もその彼女から電話が入る。今日も来て~?のお誘い。そして、たばこを2ケース買ってきてとお願いされ引き受ける。今日も行くんですね・・・・・。

 

ホステス側の立場

水商売の方にかぎらず、人はお金を得るために働きます。これは普通のことです。水商売の方の仕事は、ますお客様に来てもらうこと、お酒を飲んで楽しんでいただくこと。そうすることでお客様から気持ちよくお金を払っていただき、その一部がホステスのお給料となります。

そのために「楽しみに待っている」「来てくれないと寂しい」「ご飯行ってもいいよ」「○○さん大好き」と言っています。仕事の一つなんです。収益を得るための経費みたいなものです。ギリギリの疑似恋愛を提供するのが彼女たちの仕事なのです。これは決しておかしなことではありません。仕事として当たりまえのことでもあるのです。

 

ホステスにとって理想の客になろう

好かれたいならこの方法が一番です。店でケチらずお金を使ってくれる人。お店の女の子全員と平等にワイワイ楽しめる人。お腹が空いている子がいたら料理も注文してくれる人。たばこの火は自分で付ける人。時間を決めてパッと帰る人。ホステスを偏見で見ていない人。月に一度だけの来店だったとしても、こんなお客様はありがたいし、そんな男性は素敵です。

逆に、お店に来ておきながらお金を使わないぞ、という根性が見えてしまう人、特定の女の子だけと話したい人、暗い人、外で会いたがるばかりの人は嫌われます。お店に来るような男性とは付き合いたくないと断言している子もいました。

 

大好き、愛してるがエスカレートすると!

人はどうなると思いますか。借金してまで毎日通ってるわけです。自分のものにしたいのは当然です。でも叶わなかった場合、これは私の見てきた事例ですが、人はストーカー化します。夜な夜な無言電話も珍しいことではありません。

また、「お金を払ってやったのに!」という感情からお店に空き巣として仕返しした人もいました。売上はもちろん、カラオケの機械の中のお金まで全てなくなっていました。こんなことをしても空しいだけだと思います。愛する人はとても怖い思いをしたと思います。

そんな人間になりたいですか?自分は大丈夫?逆恨みの心は、誰の中にもきっと潜んでいます。これらの事件は、実際に私が勤めていたお店のママさんが経験したことで私は隣で見ていました。この相談者の恋愛相手と同じ立場の人の話です。

 

相談者の解決策は・・・

格好つけずに、今の現状を恋愛相手であるスナックのママに話してみましょうか。プライドもなにも必要ありません。親友まで巻き込んでる状態です。もし、彼女もあなたを好きなら、いえ、そうでなくても普通の感覚があれば それでも店に来てとは言えないはずです。まずはお金を貯めて借金を返すべきと言ってくれれば、あなたのことは思ってくれています。(恋愛感情ではないと思いますが)そうなの?プイっと連絡がなくなったら、あなたは完璧に利用されただけでしょう、残念ですが。

水商売は、わりと普通の子が、さまざまな事情で働いています。彼氏がいない人がほとんどなので、ごく一部ですがお客様と結婚することもあるかもしれません。でもほんの一部です。疑似恋愛を売ることが彼女たちの仕事。それを理解し、そのお店の中だけの疑似恋愛を最高に楽しめる、その楽しみのために惜しみなくお金を使える、そんな素敵な男性になりましょう。時間がきたら夢は覚め、現実にかえるのです。

 

恋愛相談、承っております。

1コマ90分15000円のところ期間限定で1万円でお受けしております。この機会をご利用ください。

[su_button url=”http://fp-eggplant.info/contact” style=”flat” background=”#eea2c7″ size=”6″ wide=”yes” center=”yes” radius=”3″ icon=”icon: envelope-o”]お問い合わせはこちら[/su_button]