外資系の女性保険営業に対しての衝撃的なタレコミがあり面談してきました。保険営業コンサルタントである私はショックを受けました。今回は重症です。

お話をいただいたのは対象となる女性営業のお客様です。赤裸々な事実を話してくれました。

私、昔と比べて保険営業は、いろいろな面で良くなっていると思っていました。
まだこんなことやってんのか~!という話が次々に出てきました。

お客様が昔に体験したことではありません。
つい1年9ヶ月前のことのようです。

そもそも、商品の知識もなく、提案しようとしている相手のことも全く知らず、提案できるもなのでしょうか。
私の講座では、初面談のときには、提案するな!設計書出すの禁止!としています。理由は、相手を知らずに提案できるわけがないから、設計できるわけがないからです。

でも、確かに私が保険営業を始めたころは、即設計書でした。相手のことも聞かずにです。売る商品が決まっているから。相手は健康であれば状況はどうであれ、みんな同じ保険に勧誘します。

今、振り返ると恐ろしいです。

この、いきなり提案が保険営業の旧ルールであるなら、一度目の面談では相手を知ることに専念するというのは、新ルールです。

もう一度書きますが、相手を知らないと提案できないはずです。

だから、商品の比較でなく、どの形が合っているのかを相手に教えてあげる、それが保険営業の仕事です。

よーく考えてほしい。
相手のことを何も知らないで、相手の時間を束縛しようと思うこと自体が、相手にとって失礼なことだと思いませんか?
逆の立場ならどう考えますか?

先ほど面談した人のケースでは、生命保険協会に相談、金融庁へ相談、警察へ相談。普通に正しい営業をしていれば、そこまでにはならないです。ここまでくると犯罪です。

ある意味、上司も悪い、会社が悪いですね。

一度目の面談では、相手を知りましょう。保険営業はある意味ジャーナリストです。取材気分で聴いていると楽しいです。相手の状況だけでなく、想い、を知ることで、その人専用の保険プランが出来上がります。絶対に喜ばれますよ。

良くなっていると思っていた保険業界は、実は改善されていない会社、(人?)もあるようで、本当にショックです。
普通にやっている人に対して、申し訳ないとか、それすらも思えないんだろうな・・・・

正しいやり方に納得できれば、すごく楽になるのですが・・・・

 

☆保険営業に、営業を教えるコンサルタントがセレクトする
保険相談の申込みは下記から

お問い合わせはこちらから

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
個別面談付きで5000円です。
次回は9月14日(金)14時~

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから