そんな悠長なこと言ってられないんです!
今、契約がほしいんです!

私の講座では、「1年後の見込み、遠い見込みを一人でも多くつくる!」ということを徹底しています。
そうするとね、このような反抗的なご意見もあるわけですよ。

もちろん、実際にやってみて成功し、やっと意味が分かりました!と電話くれる人もいます。

今日は、「1年後の見込み、遠い見込みを一人でも多くつくる!」ことが必要な根拠を、かみ砕いて書いてみます。
私は、やってきているから言いきれるんです。
この作業、優績者は出来てますよ。

みなさんにやってほしいこと

1年後の見込み、遠い見込みをつくるために、たくさんの人に会いましょう。
自分だけのノートに、出会った人たちを

  1. 長期的な見込み
  2. 中期的な見込み
  3. 短期的な見込み

に分けて書いておいてください。
短期的な見込みというのが即決に近い見込みのことです。

この3つの見込みが均等にあることが望ましいです。

即決の見込みは、遠い見込みをつくる作業をしているから生まれる

目の前の見込み、今すぐに決めたい見込みだけを探しているから辛いんです。
売込みになってしまうから。

保険営業の仕事は、保険を売ることではなく、正しい情報を大切な人に提供することでしたよね?
きっと、売込みをしている人は、ガツガツしています。
結果、上手くいきません。

1年後の見込み(遠い見込み)を一人でも多くつくり続けることで、「実は今、保険の提案を受けていて・・・・」的な見込みが必ず出てきます。

やればやるほど、その確率は高くなり、やらなければ永遠に出てきません。

  1. 長期的な見込み
  2. 中期的な見込み
  3. 短期的な見込み

が一人でも多く、そして均等にできることで、コンスタントに契約に繋がる仕組みができてきます。

ちょうど1年後に決まるわけないじゃないですか

1年後でいいんだ、気が楽になった、と何もしない人、残念ながら1年後にも何も嬉しいことは起こりません。
このように1年後、ということで安心してしまう人もいます。

全てがピッタリ1年後に決まるわけないじゃないですか。
即決もあれば、半年後に決まるものもあります。

でも最初の作業「1年後の見込み、遠い見込みを一人でも多くつくる」をしていなければ、何も生まれません。

私が今まで、ここまではっきり言わなかったのは、
「この人、即決かもしれない」というギラギラな感じで人と接してほしくなかったからです。
「1年後の見込み、遠い見込みを一人でも多くつくる」ということであれば、初回面談の際に相手に売込みを感じさせないですよね?

1年後ということで全く動かない人、1年後に対して反抗的な人がいる事実もあり、かみ砕いて説明してみました。
自分のやり方で、遠い見込みたちにコツコツ情報提供をし、本物の見込みに育てていってください(*^▽^*)

 

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年1月22日(火)14時~ おうちカフェ
個別面談付きで5000円です。

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから