保険会社は、どこも採用が大変のようで、
私のところには、たくさんの採用担当の人がやってきます。

確かに、私の周りは保険営業さんだらけです。
でも、転職したくて私のところに来ているわけではありません。
今のところで頑張りたくて、そのやり方が分からずに模索しています。

まれに、環境を変えれば成功しそうな人もいて、その場合は、相性の合いそうな人(保険会社や代理店)を紹介しています。
今までに4回ほどありました。

ということで、1up講座への、スカウト目的だけの参加をご遠慮いただきたいです。
手土産いただいても困ってしまうというのが正直なところです。

もちろん、採用の仕方を学びたい人は大歓迎です。

※今までに、トータル10人ほど採用をしていますが、なぜそこまで採用ができたのかは、明日のブログにまとめてみたいと思います。

今日は、20年前に、私が保険業界に入ったきっかけについて思い出してみました。

保険業界に入ったきっかけは事務員募集の広告

今では考えられないことですが、事務員募集の新聞広告を見ながらエントリーしています。
面接に行き、営業はできませんと断りますが、エレベーターまできた所長に、事務員でもいいからと呼び止められます。

やってみようと思った、所長からの言葉

面接に行ったときに、
「3秒で分かりました!あなたはこの仕事が向いています!」
「カモがネギしょってきたー!」

事務員と言いながら、毎日所長からの保険レクチャーで、自分の保険が気になりだし、帰宅するとすぐに保険証券を探します。
翌日には、証券を持って出社。
加入している保険の内容の事実を知り、驚きます。
「大変!家族や、友達に教えてあげなきゃ―」と思いました。

騙し討ちな印象を与えることが仕事のイメージを悪くする

よく、綺麗ごとじゃないって言われてしまうのですが、上記の私のことは事実です。
綺麗ごとでないことを続けているから、業界のイメージが悪くなっていくことに気づいてください。

採用目的で、違法なのにハロワの前で声をかけたり、公園で子供を遊ばせているママに声をかけて、ムリに会社に呼んでみたり。
30年以上、やり方が変わっていないのが保険業界の採用です。

「なぜ、あなたのことが必要なのか」を、具体的に言ってあげると、相手もしっくりきます。

私にとって、
「3秒で分かりました!あなたはこの仕事が向いています!」
「カモがネギしょってきたー!」

は誉め言葉でした。
イヤな気分にはなりませんでした。

ついこの前まで仕事の愚痴しか言わなかった人に、一緒に働きましょうと言われても、「は?」と感じます。
カフェで、採用ノルマに苦しんで眉間にシワを寄せている人が、保険の仕事しませんか?と言ってきたら怖いです。

「なぜ、保険会社は採用が必要で、なぜ、その人が必要なのか」を整理すること、してみてくださいね。

余談ですが、入社してしばらくし、私にも採用ノルマが課されました。
「どんなんでもいいから連れてくればいいのよ!」と、先輩の保険のオバさんに言われたとき、違和感を覚えました。

私は、どんなんでもいい中の一人だったんだって、けっこうショックでした。
「どんなんでもいいから連れてくればいいのよ!」の気持ちで採用をやっていたら、それは必ず相手に伝わります。
これでは、保険の仕事をやりたい人なんて、いなくなるのは当然だと思いませんか?

 

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年 2月20日(水)14時~ おうちカフェ
個別面談付きで5000円です。

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから