4冊目の本では、保険業界に入るも続けられず、悪いイメージを持ったまま退職になった人の声も書いています。
今日は、その中でも一番多かったテーマについて解説してみます。

入社後、研修が終わり、営業スタート!となった時点で、外に放り出される!というものです。

研修では、主にコンプライアンス、自社商品の勉強をします。
ロープレもやりますが、それだけではなかなか実践のイメージはできないものです。

営業スタート!となっても、何をどうしていいのか分からず、周りが、契約取ってくればいい!的な雰囲気だと、また、それが何日も続くと、落ち込んでくる人もいます。

一緒に働こう!声をかけた人も、自分の仕事でいっぱいいっぱいです。

結果どうなるのか。

友達へ、無理な営業に行ってしまいます。
で、撃沈。

友達なくす・・・・

では、どうすればいいのかを書きます。

細かく予定を立てましょう。

自分の知人を100人書くという、見込み客リストを書かされ、電話ができずにいるかもしれません。
担当地区は与えられても、どうしていいか分からない状態かもしれません。
担当者が退職したお客様のリストを渡されているかもしれません。
担当する企業を与えられて、何から始めていいのか分からない状態かもしれません。

リストを全部、机に並べてください。

明日はまず、今後担当することになった企業に挨拶に行きましょうか。
与えられた担当地区の中で、既に担当が退職してしまっているお客様を探してください。
担当企業の挨拶が終わったら、その中の2軒に行ってみましょう。
電話でのアポイントはとらなくていいです。

留守前提で、一応、ピンポンしてみます。
名刺の裏に、「新しく担当になります○○です」と書き、ポストに入れます。
万一、在宅されていても、設計書もパンフも渡さないでください。
ご挨拶だけしてください。

ここからでいいです。

契約を取りに行くと思うから、すごく大変になるのです。
契約取りに来た!って、相手にも伝わります。

自分にできることを具体的に、それも細分化してイメージしてみてください。

小さい達成感が生まれてくと嬉しいんです。

挨拶に来てくれて、イヤな思いをする人はいません。
挨拶をされて、イヤな思いをする人は、他に原因があるので、その原因を探してあげてください。

このように、相手を自分に置き換えて考える・・・。
されたらイヤなことは何?
されたら嬉しいことってどんなこと?

これは、保険営業でなく、きっとどの業種でも同じですね。

研修が終わったら、契約を取りに行くのが仕事!ではなく、上記のような細かい作業の結果が契約に繋がります。

それとね、やり方に縛られず、自分の好きなように仕事をすすめられることが、この仕事の一番いいところです。
私は、話が上手でない分、どうやってすすめよう!を細かく計画することが大好きでした。
小さい達成感の積み重ね、嬉しいものですよ。

私が上司であれば、このように教えるかな・・・・。

参考になれば嬉しいです。

 

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年 2月20日(水)14時~ おうちカフェ
個別面談付きで5000円です。

~絶対に成功したい人だけのための自己責任講座~
毎週火曜日14時~17時(16時~17時は自習時間)1日6500円
おうちカフェ(武蔵小杉からバス10分、武蔵新城から徒歩15分)

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから