保険会社での3月からの講演では、「なぜ私が20年も保険の仕事を続けられたのか」と、「保険の仕事で辛かったこと」をお話する予定です。

一言でいうと、嫌なことの数より、嬉しかったことの数の方が多いから続けられたのだと思います。
当然ですが、ずっとエリートだったわけではありません。

入社と同時に、先輩のオバサマ営業たちには、地味すぎる、おとなしすぎる、向かない!と言われていました。
ということは、地味すぎる、おとなしすぎる、向かない!人から保険に加入したい人がいた、ということになりますよね?

一般の人は、派手すぎる、うるさい、向いている!人よりも、地味、おとなしい、向かない!人から保険に入りたいということになります。

嫌だったこともあります。
お客様との間のことで、良くないことがあったときは、本当に落ち込みます。

営業先で、本当にバカにされた人が、従妹と結婚し親戚になってしまったとき。
約束の場所に車で現れた人が、急発進して逃げ、ヒールで走って車を追いかけたとか。
ラブホに連れ込まれそうになり、引きずられてケガをしたり。
採用した人のご主人が私に相当冷たい仕打ちをしてきたり。

これね、全て、「コンサルタント」ではなく、「売り子」をしちゃってたときに起こっています。

「売り子」とは、具体的に、
こちらの商品の方が100円安いですよー、とか、
いくらまでなら払えますか?とか、
お願いします!とか、いつも頭を下げているような状態のことです。

「コンサルタント」とは、具体的に、
相手の状況を聴く!聴いて、質問して、聴いて、相手をよく知るのです。
このような商品があなたに合っていますね、と、それが見直しにより1万円上がってしまったとしても堂々と提案できることです。
ありがとうと言ってもらえます。
お客様が頭を下げてくれる状態のことです。

「コンサルタント」として仕事ができるようになってからは、嬉しいことが続きました。

やはりそれも、お客様との関係です。
お客様と一緒に年齢を重ねられて、未だにお会いして話せる関係になれたこと。
お客様の奥様と友達になれたこと。
困ったときには、いつも助けてもらえること。
お客様が悩みを相談してくれるとき。
お客様に悩みを相談できるとき。

嬉しいことの方が多いから、続けることができました。

見ていると、「売り子」のまま、保険を売ることが自分の仕事!って、思い込んでいる人が、嬉しいことを知らずに辞めてしまいます。

コンサルタントになるための話法や、相手への接し方を中心に伝えて行こうと、コンテンツを作り始めました。
「売り子」より、「コンサルタント」の方が絶対に楽なはずなのです。

今の私なら、やはり「がん保険」を広めます。
「がん保険」どうですか?入っておいた方がいいですよ?
が売り子です。

今の私は、がんが発見されるまでの経緯、病院の探し方、かかるお金、治療法を教えてあげることができます。
そう、「教えてあげる」がコンサルタントです。

どんちゃん、寝ちゃいました。
お顔がつぶれて、ぶちゃいし、重たい 笑

 

☆1up講座

保険営業さん向けのメルマガを月曜日と木曜日にお届けしています。
HPトップページのメルマガ登録からお申込みください。

保険営業さん向けの1up講座はこちらからお申込みください。
~なぜ、未経験だった私が、個人保険だけで前年からの継続コミッションを含めずに年間2000万円超えの売上を上げられたのか知りたくありませんか?~
2019年 3月19時~(火) おうちカフェ
講座2時間+グループコンサル付き その日完結です。12,000円

☆Skype相談
ご希望日時を何日か連絡ください

お申込みは下記のお問合せからお願いします。

お問い合わせはこちらから